創造性×身体性×スピリチュアリティ→ 自分イキイキ 未来創造
3ヶ月で (春までに) じぶん人生 を変える。

パーソンセンタード表現アートセラピー」のエッセンスをたっぷり含んだ特別ワークショップのご案内です。

「表現アートセラピー」のワークとは

描く造形など視覚的アートだけでなく、
身体の内側(知恵)を感じ取ったり

気持ちのおもむくままに
動いたり、踊り・舞ったり、
声や楽器(音)で感情表現したり、

時に好きな動物や
嫌いな人になりきる即興をやったり……?!

などなど。。

さまざまな 表現様式 を交えながら
自己探究 や 自己回復 をめざしていける
表現療法(表現アートセラピー)
で用いるワークです。

いろんな角度から感覚を刺激し合うため
深い癒しや気づきを得やすくなります。

のびのびとした思考がもたらされたり
視野が拡がったり

これまでにない発想が起きるようになったり

ふだんは気がつきにくい
自身の深いところにある
真意や気持ちに触れる
ことができたり、
自身らしさや特性とつながっていく体験が可能になります。

・ 参考→

これらの体験を重ねることで
活かしきれていなかった自身の特性や自分らしさを表に出してゆき、
より良い暮らし・人生を創造する力にしていくことができるようになります。

そんな豊かな体験ができる「表現アートセラピー」を用いたワークショップのご紹介とご提案です。

表現アートセラピー特別ワークショップ

プログラム1:いろんな表現でコミュニケーション
言葉にたよらない表現から自身の内なる可能性を探る

こんなことはないでしょうか?

・気持ちを言葉で表現できない……。
・うまくいくか不安でいつも一歩踏み出せずに終わる。
・自信なくて新しいことにチャレンジするのが苦手。
・人とのコミュニケーションが辛い……。

年齢や性別を問わず、やや普遍的にもなっているこれらは、どうすれば乗り越えられるでしょう?

もっと自由に表現してみたい!

自分の良さを見つけて
自信を持ってチャレンジしたい!

自分らしさを発揮してイキイキ過ごしたい!

そんなふうに感じている人にこそ、体験してほしい「表現アート」のおもしろさ。

身体を動かす。
表情を変える。
声を出す。
音を出す。

もっと細かく言えば、、

ものを積み上げたり、丸めたり、貼りつけたりする。

紙をグシャグシャしたり、ちぎって散らしたり……

顔をグシャグシャにしたり、
「あー」とか「ふふふ」だけで会話したり……

 

『言葉以外の表現』って、意外とたくさんあるんです。

第1回目のワークは
ウォームアップを兼ねて、言葉以外の表現をいろいろ試していきます。

(といいつつ「言葉」も交えたりします

日常ではやらないような、
けれど実は日常でもやってた(かもしれない)動きや表現を、ちょっとだけ意識しながらやってみる体験です。

体験してるとき、体験したあと、どんな気持ちが生まれてくるか……

日常では、なにげに流してしまってるようなことに着目してみたり。
「自身の内なる創造の力」を見つけることが可能になります。

ワクワクがたくさん生まれてくることでしょう。

 


ワークプログラム2:粘土のワークで内なる自分とつながる
身体(たましい)からメッセージを受けとる〜ムーブメント×粘土アート

身体は、想像以上にいろんな感情・気持ちを記憶しています。

日常では忘れかけていても、ふとした瞬間に身体はその記憶を表現しています

言葉で伝えづらい気持ち身体の奥の「声」を、アート表現を用いて受けとる体験をします。

この2回目のワークでは、
”助っ人”として「粘土」を用います。

しかも「陶芸用」のきめ細やかな土粘土
触感を味わうプロセスが、リラクセーション効果ももたらしてくれます。

手を動かし、身体を動かし、
時には動かずじっとしてみたり、
うとうとしたり、ハミングしたり……など

自分に必要なワークで滋養補給しつつ、「言葉」を与えてあげるワークも試みます。

多面的に自分への理解を深められ、自分のなかに眠ってた特性や個性に光を与えることが可能になります。

このワークでは1回目からさらに自分の深いところと繋がることができるでしょう。
参加者同士で分かち合うことも大切にしているので、あたたかな関わりから気持ちが充足されていきます。

静かながらパワーを得られるワークです。

 


ワークプログラム3:「ジャーニー」“旅”の収穫
未来の自分を想像しながら創造する〜ビジョンコラージュ×ドラマワーク

3回目は、締めのワークになります。

「アートセラピー」の類いに触れたことがある人にはおなじみ、「コラージュ」のワークを取り入れます。
ひと頃すこぶる流行りを見せた「ドリームマップ」といったものにも近いかもしれません。

「なりたい自分」や夢・願いをイメージした雑誌などの写真をチョキチョキ切りぬき、台紙(画用紙などの紙)に貼っていくだけの簡単なワークです。

ところが。
この簡単にも思える「コラージュ」は、想像以上に深いところにある自己を見出せるワークでもあるのです。

今回は、前2回のワーク体験をとおして見つけた自分のステキなところや、忘れかけてた特性や強みなどをふりかえり整理していくことから始めます

それらのふりかえりから、自分が本当に望んでいること、あるいは「なりたい自分のイメージ」をコラージュにしていきます。

さて。この回、
コラージュするだけでは終わりません。

視覚的な表現は、脳内やぼんやりしたイメージを可視化してリアリティをもたらしてくれます。

ただ、
ヒトって「思考(意識)」だけで生きているわけではありません

そこで『自分の身体』を使ってワークしていく体験をします。

たとえば、
人って「演技」しているうちに、それが本当に自分のことのようになることありませんか?

ごく簡単に言うと、そのカラクリを応用します。

よりリアリティを得られるビジョンコラージュ!
「なりたい」ではなく、「なっちゃった自分」を思うぞんぶん楽しんでください♪

最後の3回目は、

ここまで辿りつけたことの喜びと、2023・未来に向けての希望につなげるために、
自らの身体とこころとスピリチュアリティすべてにアクセスし、来年につながる「自分ストーリー」としてしあげていきます。

また、ワークしたときだけで終わらないように〜
これからの日々に活かしていく形に残していくワークをおこないます。お楽しみに☆

参加要項・お申し込み

会 場

(1)福岡市内(天神〜赤坂 周辺)
 ・ご参加の方へ事前にお知らせ


(2)オンライン Zoom

日 時

■ 福岡会場: 第3土曜日 各回 13時〜16時
’23年 1月21日 ② 2月18日 ③ 3月18日

■オンライン: 第3木曜日 各回 13時〜16時
’23年 1月19日 ② 2月16日 ③ 3月16日

*福岡・オンライン共通:’22年12月12日日より事前ワーク(PDF等)を送付
*「直前ご参加割」の方には事前ワークはつきません。

参 加 料

全 3 回:32,000

福岡会場、オンライン参加共に同料金
オンライン:素材(粘土ほか)の配送料込み
共通特典:事前ワークあり・マインドセット動画付き
……(表現アート概説レジュメ・ビジョン明確化などのワーク)

→★ 直前ご参加割できました!
福岡会場 締め切りました
・オンライン 残2名 :¥23,000

■ 注意事項
「直前ご参加割」の方には事前ワークや動画は付きません。
※ 「直前ご参加割」申し込みで「オンライン参加」の方、ご注意❗️
……2回目の『粘土』については到着が間に合わない可能性がありますので、直前割が早め日程になります。
……間に合わない場合はご自身で「陶芸用粘土」をご準備いただくか、代替えをご提案します。

 

 お支払い方法:
①指定口座へ事前お振込み ②クレジットカード決済
・ご参加お申し込み後にメールにて支払い方法を送付しています。

キャンセルポリシー

参加しめきり・定員

しめきり:12月 29日まで

※直前ご参加割:初回の2日前まで
・福岡会場:締め切りました
・オンライン:1月15日まで

定 員
福 岡6名
オンライン: 6(残2名)

準備するもの

《基本セット》
・クレヨン(オイルパステル、「クレパス」など)12色以上
・画用紙(八つ切りサイズ)または、スケッチブック(A3サイズ以上を推奨)
・筆記用具 ・言葉を書き出す用のメモ用しかコピー紙など(描いたものや作品に直接書くこともOK)
・お水や好みのお飲みもの  ・動きやすいラクな服装

《あるとワークが充実するもの》 詳しくは参加の方へお知らせします。
・おりがみ・薄紙、雑誌などの切りぬき、ビーズや毛糸、木の枝・木片、ぽんぽん玉、ほかアート素材として使えそうなもの・捨てるようなもの、ガラクタおもちゃなどもOK!…を適当ご準備しておくと、さらにワークが楽しめます。

※準備する素材については、参加申込者さんへあらためてお伝えしております。
※一部素材(粘土など)は、こちらから配送でお送りします(送付先をお聞きしますが、終了後は領収書の記載は消すなどした上でデータ破棄しております)。

 

【 参加のお申し込みはこちらから! 】


フォーム送信後、確認のメールを送付しています。必ず確認をお願いします。
Gmailの方:たまに「プロモーション」タブに入っていることがあるようです。丸2日経っても届いていない場合はタブも確認してみてください。

 

メッセージ
不安や恐れや自信のなさを創造性で乗りこえるという「希望」

『今年2022年も残すところ1ヶ月となりました』

……なんて毎年のようにクチに出すセリフが飛び交う時節になりました(^^)

2022年は、だいぶコ□ナの影響もおだやかになり、人々が「外」へもどり始めたり、逆に《あたらしい習慣》が身について、“ビフォー”の暮らしと様変わりした人もおられるのではないでしょうか。

かくいうワタクシも、「変化すること」には抵抗無くなって久しいものの、このコ□ナに翻弄された約2年半は、それまでの変化とは違ったエネルギーを要するものになりました。

なにしろ、 『自ら変化を望んで動いた』というより、コ□ナさまの到来でどうにもならん事態から変えていくしかなかった……ということの方が圧倒的に多かったですからねぇ。。

そんなこんなの夏をひといき超えたころ、世間……というより「世界の様(さま)」がずいぶん変わってきてる。ということに気がつきました。

「AI」の作用やさまざまなテクノロジーにより、ヒトは想像以上に『思考すること』を必要としていなくなってる……?!

ヒヤリとしながらも、まったく予想しなかった「あたらしい世界」……
たとえば、仮想○○とか「メタバース」とか、インターネットテクノロジーを介した世界の構造が、

特にここ数年の間で、わたしが初めてインターネットに触れた25年近く前からは想像できないほど、物凄い加速をつけて進化しているのです。

そんな「ヒトのスピード」を超えてきそうな世の動きの中で、自身を見失わずに、むしろ活かしながらハイレベルのテクノロジーと共存していくには??

そこで助けになるのが「ヒトのもつ創造性」や日ごろは忘れかけてる「身体のもつ知恵」を活性化させていくこと。

さらには、ヒトが生きとし生けるものと共鳴するたましいの存在、それをここでは精神性(スピリチュアリティ)と呼んでいますが、その精神性を整えてくれルでしょう。
これもまた、古代からヒトを活かしてきたアート(Arts)の力だと確信しています。

これまで
「アート」や「絵を描く」とか
「気持ちを描いたり作ったりすることで表現したことがない」
という人こそ、
この機に体験をおすすめしたいと思います。

これからさらに拓けてくるあたらしい時代に、
イキイキと自分を生かしながら生きるための知恵を得ながら
ご一緒にワクワクを共有し、イキイキとした未来へつなげていけたら喜びです☆

 

【 参加のお申し込みはこちらから! 】


フォーム送信後、確認のメールを送付しています。必ず確認をお願いします。
Gmailの方:たまに「プロモーション」タブに入っていることがあるようです。丸2日経っても届いていない場合はタブも確認してみてください。

 

ファシリテーター (場の促進者)

高山 佳緒理

公式プロフィールこちら

表現アートセラピー&メンタルサポート《キルトラボ》主宰
心理療法家・アートセラピスト・心理カウンセラー・ファシリテーター
宮崎県出身

■ エピソード
子ども時代における精神的ネグレクトおよび虐待的環境を生き抜いたアダルトチャイルドでありクロスアディクト(いろんな依存症要素を重ね持つ人)、CPTSD(複雑性PTSD)のサバイバーでもある。

30を過ぎたころ「底つき」したのをキッカケに《自分を生きる》ことへの目覚めを体験し、30代のほとんどを自己回復と心理臨床の学びに費やす。

「パーソンセンタード表現アートセラピ―」を軸に、さまざまな心理セラピー手法や“癒し”のアイディアを織り込んだ、自己回復・トラウマの解放・治癒、創造性の回復を促す『統合的アートセラピー』を考案・実践。

悩み・困りごとの解決や問題を乗り越えるための心理的援助のほか、セルフケア(特に対人援助職のセルフケア)・自己開発にも積極的に関わりつづけている。
近年は、アートセラピーに関わる援助者の養成や価値向上サポートにも尽力中。

 

 

TOPにもどる
◇お問い合わせはこちら