リリースします!新プログラム【’19年スタート】

来年2019年1月 →2月
新しいプログラムがスタート

 

その名も

【クリエイティブ・ジャーニー】
【癒しと成長、自己実現への7ステップ】

 

というものです。

 

近日、特別コンテンツをお届けします。

 

直訳すると「創造的な旅」となる
【クリエイティブ・ジャーニー】という名称は

これまでひっそり(準備中として)
個人セッションの項目で出していました。

 

既存のサポートセッションに囚われない、
その時、その瞬間に
相談者・訪れる方が必要としている環境で

自身を見つめ、問題を解放したり、
必要としている回復プロセスや
立てなおしができる方法を用いて、

じっくり時間をかけて(半日〜1日)おこなうセッション。

 

今回、それらを密に内容を練りなおし、
ひとつの「統合サポートプログラム」として
ご提供ご提案することになりました。

その中でメインとなるのが

【7つのステップ】

 

このステップを
個々の特性、キャラクター、
あるいは抱えている問題や課題に照らしつつ

丁寧にじっくりとりくむことで

  • 抱えてきた悩みや苦しみ、“トラウマ”からの解放
  • 本来の自身が望んでいた「自分自身」の生き方
  • 「こうありたい」と願っていた未来像

を実現化していきます。

 

【7ステッププログラム】内容(β版)はこちら!

(※こちらのブログでも発端エピソードと「7つのステップ」を記してます)

 

また、このプログラムは、

わたくしタカヤマの過去20年間における
“癒え”の体験と気づき、
精神面の発達・成長プロセスもベースとなってます。

そこに
ひとつひとつの学び・実践からの知見などを
統合してご提案する

《キルトラボ》の本随とも言えるべくものになります。

 

他にもポイントがいくつかあります!

これまでにない
中期的〜長期的なプログラムとして、
内容も「必要な人へ必要なことを届ける
というミッションの元に、
充実したものとなりますよ!

 

ということで今回、
このプログラムのご案内をしていくと同時に、
特別なコンテンツをご用意しました!

もとい、ただいま先鋭仕上げ中です!

いろんなチャンネル、媒体……
たとえば、文字文章のみではなく、
動画や音声をお届けするなど、

五感や六感〜にひびき
感覚が研ぎすまされ、深い癒しもすすむ方法で、
たっぷりお届けします。

直接お会いしておこなうセッションを基本としながらも、

自身でも必要なワークを試みることができて、
気づきや変容がなめらかに進むような
工夫をたくさんこらしています。

 

 

混沌というより閉塞感すら感じる昨今の世の中。

(特に首都圏や都市部はボロボロの印象)

 

心身そこそこ健康だと思っていた方でも
なんとな〜く「生きづらさ」みたいなものを
感じてしまうこの頃……。

 

いかに自分をころさず、
特性や個性を活かして望むように生きてゆくか。

 

というようなことを考えたり、
知りたいと思ったりすることはないでしょうか?

 

そんな疑問や不安、モヤモヤにお応えするプログラム。

日常的に抱えてきた悩みや迷いはもちろん、
凝り固まった「トラウマ」などまで、

ゆるませて癒し、
イキイキとした自己を再発見したり、
これからの人生を築きなおす内容が含まれます。

 

2019年は、じっくり腰すえて
そんなテーマに取り組むことが
大切になるように予想しております。

 

はい、「予想」であり、
「予言」とか「予知」ではありませんが)^o^(

ここ数年、人々の暮らしや感情のうごき、
エネルギーの在りよう、人と人のつながり、
社会の構造もろもろを俯瞰すると、
そんな風景も観えてきたり……。

 

ともあれ。

新プログラムについて
実際どんなことを行っていくのか、
どんな問題・課題に、どのように対応していくのか、

ひとつひとつのステップを示しながら
お伝えし、ご案内いたします。

お楽しみに!

 

 

 【11/11 追記】

アメブロに渾身の想いを書きしたためてます!
https://ameblo.jp/kerocaokero/entry-12417773979.html

特に心理系援助職、対人援助に関わっている方!
ご一読いただき、
プログラム案内の特設ページ→こちら
(19年1月スタート本プログラムご案内準備中)
シェアや口コミご協力お願いします!

 

対人援助の活動を継続する中で必ずや必要となる
「援助者自身のセルフケア」。

このプログラムは、
自身のセルフケアはもちろん

その体験プロセスそのものが
援助スキルの一つともなれるものです。

11月末から正規募集をします。
来年以降の募集は未定です。

お仲間として様々な試みを共にできるステージでもあります!
ピンときた方、この機会を逃さずご参加ご検討下さいね。