アートセラピー体験レポート⑦《パートナーシップやコミュニケーションに用いる》

「表現アート/アートセラピー」を体験した方のご感想・体験記、フィードバックご紹介

※キルトラボでは、このような体験をご紹介する際に、ご本人の許可を得た上で個人が確定されないような形でご紹介させていただいてます(ご本人自ら公開された場合を除く)。

 

 

こんばんわ。こんにちは。7月も2週目に入りました。

 

7月に入るや、地震、局地的な水害など自然の猛威を感じることが続いてます。
こういうとき、いつも何かできないだろうかと想いがよぎるのですが、具体的に動けず無力を感じたりも。
ただ、そこにフォーカスし過ぎると、逆に行き詰まりが強化されることもありますね。

いまは、不安に包まれている方々へ安らぎがゆき渡ることを願いつつ、できることを探っていきます。

暑さも増していますので、バテたり体調くずされませんよういつも以上にご自愛ください。

こころにも身体にもジンワリ効く「アートセラピー」も願わくばおすすめしたいところ。

そんなわけで今日は、体験された方のご感想を紹介させていただきます。

 

 

「今の気持ち」をアート表現し、分かち合うことで気づきが深まる

 

ガイダンス形式でセッションしたK子さんは、特にお悩みや取り組みたい問題があるということではなく、表現アートセラピーに関心をもって体験に来られました。

セッションのあと、どんな体験だったか改めてお聞きしたところ……

 

K子さん(20代)

実際にやってみるまでどういうことなのか像が見えてこなかったのですが、作品を通して何かが気持ちよく抜けていったような、そんな感じになりました。
あのあと○○に行き、いきなり現実的な世界に引き戻されましたが、なんとか現世でがんばりました!笑

 

体験してみて、お話に聞いた表現アートの世界が、実際に作品を作ることによって少し分かったような気がしました。

体験前は、私にとって表現アートセラピーがどういう効果をもたらすのか疑問だったのですが、実際にやってみると、今の気持ちをあえて有形化することで心がすっきりすることが分かりました。

 

やっている最中は普通の気持ちだったため、深層心理の部分がこうやって出てくるのだろうか……と思って不思議な気持ちになりました。

あと、最後15分間だったけど必死になってかなり集中して作るのは楽しかったです!
気さくに迎えてくださってありがとうございました。

 

なるほど、表現アート/アートセラピーそのものが具体的にイメージできず、疑問を感じられていたのですね。
多くの方が最初にいだく、スタンダードな疑問です(笑)。

それが、気持ちを「有形化」つまり目に見える形にして表現したことで、自分のこころ(の深層部分)が見えやすくなり、すっきりしたとのことで、良かったです!

 

 

K子さんは、ご自身が作られた作品に(この時点では)「謎だ」と感じたことも添えてくださってます。

こういった「謎」とか「不思議」な感覚はとても大切です。

 

かの 岡本太郎 のお言葉を借りれば……

 

「なんだこれはっ?!」ヾ( ◎ θ◎)ノ

 

という感じでしょうか。

(ちょっと違うかも……)

 

この感覚も大切にしつつ、ほかの表現方法……作品のイメージを身体の動きや音で表現してみるなど……を交えることも、表現アートではやります。

表現方法を変えてみることで、多面的な視点で自分の表したものを捉えていけるのです。
それらを丁寧に見つめていくことで気づきが深まったりします。

 

たとえば、

このピンクのお花紙、「やさしさの象徴」のように見えてきた。

といった発見があったとします。
そこで、「やさしさ」について感じることを話していくうちに

自分はやさしさを持つ関係を求めているのか……な?!

などというような「気づき」につながっていったりします。

(*セラピストは、その過程・プロセスを援助します)

 

K子さんは、ご帰宅後パートナーと作品を分かち合うということも試みたそうです。
すると、作った後とは違う発見があって、しかも共感し合えたご様子。

ステキですね〜(*^-^*)

こんな風に、アート表現を「媒介」にしてパートナーシップやコミュニケーションに活かすこともできます

(*ガイダンスセッションでは、一方的な分析解釈をせず感じたことを交わす等の基本的なレクチャーもやっています)

 

40〜50分のセッションでも、今の気持ちに集中することで発見や気づきを得ることができます。

自分の内側にある「世界」が、想像以上に広くて深いことを実感できますよ。

 

「ガイダンスセッション」の詳しいご案内はこちら

 

このあとは、必要に応じてセッションを進めていきます。

さらに自己への理解を深めたり、自分を受け入れることが楽にできるようになったり。
他者との関わり合いのヒントを得ることも可能です。

 

もちろん、「抱えている問題」があれば、表現したものをセラピストと共有しながら癒していったり、問題解決の糸口をじっくり見つけるプロセスに取り組んだりします。

 

 

 

こんな味わい深〜い 表現アート/アートセラピーが、13日の金曜日(!)に体験できます☆

 

この日は新月にしてスーパームーン(肉眼では見えない)とのこと。

せっかくなので(?)毎月定例の「新月アート☆カフェ」を変更し、ちょっぴり特別感をもった“切り替わり時”を応援する意味を込めて、『スペシャル個人セッションデー』としました。

横浜・関内のサロンに出向くのが厳しい方は、オンラインセッションも可能です。
SkypeまたはZoom、LINEから選べます。

ご予約はこちらでお待ちしていますね

 

今のところ

13時20分〜14時30分(対面orオンライン)

または

19時以降〜20時(開始)までのオンラインセッション の受付が可能です。

 

・お一人70分枠
ガイダンスセッションご希望の方は50分

 

上手く言葉にできずにモヤモヤしていることをスッキリさせたい
とか、
自分の気持ちをうまく表現できるようになりたい
とか、
気になってることを自由に表現して考えを整理したい
という方も、ぜひご活用ください。

 

まずはリラックスしながら心身の緊張をほぐすことから始めます。
心身がゆるむと、少しずつ自分の気持ちにフォーカスできるようになります。
いきなりアート表現など誘導しませんのでご安心ください。
アート表現の経験も、まったく問いません。

 

もちろん、
願いを叶えるビジョンマップ(コラージュ)をメインにもできますよ!

お天気よければ近くの公園で願いを叶える楽しい強化ワークもできます♪
ぜひ体験してみてください。

 

このタイミングでセッションしてみたいと感じられた方、
予約お申し込みはこちらからどうぞ(終了)

 

7月のワークショップ、セッションご案内はこちら

*通常の個人セッションご案内はこちら
「Cafetalk」でのオンラインセッションご案内こちら